HOME > お問い合わせ > よくあるご質問

よくあるご質問

アザレプロダクツ製品についてのご質問

成分についてのご質問

化粧品に関する一般的なご質問

購入についてのご質問


アザレプロダクツ製品についてのご質問

アザレブランドの化粧品がふたつあるのはなぜですか?
私どもアザレプロダクツ株式会社は、アザレが生まれた創業当時から現在に至るまで、一貫してアザレ製品をつくり続けてきました。
私どもと異なるもう一方のアザレは、創業当時とは異なった品質のものであり、別の工場でつくられた製品を販売しています。アザレ製品ご愛用のお客様方は、私どもアザレプロダクツがお届けしている製品のポリシー、使用感、効果について、充分ご満足いただいた上で、ご愛用いただいているものと確信しています。アザレプロダクツがお届けするアザレ製品をご支持いただけるお客様は、どうぞ、パッケージに「アザレプロダクツ株式会社」と表示されていることをお確かめになってからお買い求めください。
香料は使っていますか?
アザレでは、一部フレグランス製品を除き、無香料を徹底。一般的に、香料の中でも合成香料はお肌に対しての刺激が強く、人によってはアレルギーの原因になるともいわれています。また、さまざまな香料の中には天然、合成にかかわらず、安全性の確認されていないものも多くあり、お肌への使用の際には充分な注意が必要です。私どもアザレプロダクツは、安心して永くお使いいただくために、無香料の製品をお届けしています。
無香料なのに、香りがするのはなぜですか?
ほのかに香る製品の香りは、天然の植物エキスや植物オイルによるもので、合成香料の匂いではありません。無香料の化粧品とは、香料を配合していない化粧品のことを言い、無香料=無臭というわけではありません。美肌をはぐくむ植物エキスの原料臭は、必ずしも良い香りばかりであるとは限りません。アザレでは、植物エキスや植物オイルの配合量を調節することによって、どなたにも心地よくお使いいただくための工夫をしています。
アザレと他社の化粧品を組み合わせて使えますか?
アザレは「無鉱物油」「無石油系界面活性剤」「無香料」の三原則に基づき、良質な天然成分をベースに、アザレ独自の処方でつくられている自然派化粧品です。
そのため他社の化粧品、とりわけ石油系の界面活性剤などが配合されている製品と併用してお使いになられた際、「お肌に合わない」「きれいに落ちない」「メイクがのらない」などといった違和感の生じるおそれがあります。 洗顔、基礎のお手入れからメイクアップまで、アザレプロダクツ製品で揃えられてお使いいただくことを是非おすすめします。
お肌に優しい化粧品と聞きました。敏感肌でも大丈夫ですか?
敏感肌とは、一般的に体質や体調の変化、また外部からの刺激などによって、肌のバリア機能が低下し、肌荒れ・かさつき・かゆみ・吹き出物といった肌トラブルを起こしやすい肌のことを言います。
肌トラブルの原因として、紫外線、乾燥、ストレス、不規則な生活習慣、ハウスダストや花粉、特定の化粧品成分に対するアレルギーなども考えられます。肌にトラブルが起こったり、肌がデリケートになっている時にこそ、正しいお手入れが大切です。アザレは肌になるべく刺激を与えないように、そして天然成分のはたらきで、肌本来の素肌力を引き出すようにつくられており、敏感肌でお悩みの多くの方々にご愛用いただいております。 すべての敏感肌の方にアザレが合うとは限りませんので、あなたのお肌に合うかどうか、まずはサンプルからお試しください。
アトピーでも大丈夫ですか?
アザレはお肌にやさしい処方で、敏感肌でお悩みの多くの方々にご愛用いただいております。
しかしながら、アトピー性皮膚炎で防御機能が弱っているお肌を健康な状態に戻すには、医師による治療が必要であり、化粧品はアトピー性皮膚炎によって炎症を起こしているお肌を治療するお薬ではありません。また、アトピー性皮膚炎の症状も人によりさまざまです。
私どもアザレプロダクツとしては、大切なお客様のお肌のことを考えますと、「アトピーの方でも大丈夫です。」と断言することはできません。症状が治まりお肌の状態が良いようであれば、医師にご相談の上、徐々に使いはじめてください。お肌にトラブルを抱えられている方が、化粧品の使用についてご自分だけで判断されることは、症状を悪化させるおそれがありますので、絶対におやめください。
化粧品に使用期限はありますか?
アザレ化粧品は、未開封で正しく保管していた場合、三年間は使用出来るように作られています。
開封された使用途中の製品は、ほこりや雑菌が混入しやすくなります。この点に気を配っていただいた上で、開封後は、高温多湿や直射日光のあたる場所をさけて衛生的に保管していただき、一年くらいで使い切るようにしてください。購入されてから、または、開封してからしばらく年月の経過した化粧品をお使いになられる際は、臭いと色、中身の状態をよくご確認ください。キャップを開けて不快な臭いのするものや、中身が変色、変質している場合などは、保管期間にかかわらず、ご使用をおやめください。また、インターネットやディスカウント化粧品店で販売される製品の中には製造から3年以上の年月を経過して、中身の劣化が認められるものも存在していますので、ご注意ください。
ディスカウント化粧品店やインターネットなどで割引販売されているアザレプロダクツ製品は、正規品ですか?
アザレプロダクツでは、インターネット販売はもちろん、ディスカウント化粧品店での店頭販売などは一切行っていません。割引販売されている製品の中には、製造番号を切りとるために化粧箱や容器を開封、改ざんを加えたものや、製造から3年以上の年月を経過して中身の劣化が認められるものも存在しています。アザレプロダクツが認める流通以外でお買い求めになった製品に不具合があっても、品質の保証ができない場合があります。

成分についてのご質問

配合成分を知りたいのですが。
2001年4月から「薬事法」という法律によって、医薬部外品を除く全ての化粧品に(サンプルも含む)全成分表示が義務づけられています。全成分表示というのは、化粧品に配合されている全ての成分を、外箱または容器に表示することです。容器が小さいものは、添付の能書などによって表示されています。これによって、お客様はご購入前に、個々の化粧品にどんな成分が配合されているのか、一目でわかるようになりました。あらかじめ、お肌に合わない成分が配合されているかどうかを知ることができますし、万が一、化粧品をお使いの際に、肌トラブルやアレルギーが起こり皮膚科等の専門医師とご相談される際も、それらの症状の原因となる成分を特定しやすくなりました。医薬部外品の成分表示に関しては、2006年3月より日本化粧品工業連合会により基本方針が示され実施されております。アザレ製品の全成分表示については、製品紹介ページに製品ごとに掲載していますので、ご覧下さい。
「全成分表示」の見方を教えてください。
<表示の順番について>
基本的に、配合されている量が多い順に表示されています。ただし、配合量が1%以下の成分については、順不同で表示されます。

<[+/-]表示について >
口紅など、メイクアップなどで、シリーズ全ての製品に配合されている着色成分については、成分表示の最後にまとめて表示することができます。

<成分の名称について>
基本的に成分の名称は、各メーカーとも日本化粧品工業連合会の成分表示名称をもちいて表記しています。
ただし、一つの成分に複数の名称が認められている場合は、各メーカーがそれぞれの判断で選択した名称がもちいられ表示されています。 私どもアザレプロダクツでは、お客様が成分名をお調べいただきやすいように、出来るかぎり、日本化粧品工業連合会の成分表示名称に基づいて表記して参ります。

化粧品に関する一般的なご質問

自然派化粧品とは何ですか?
現在、自然派化粧品という名称についてのはっきりとした定義はなく、一般的に天然成分をベースに植物エキス等を多く配合してつくられた化粧品のことを言います。
明確な定義づけがないため、最近では自然派化粧品を謳うメーカーがたくさんあり、中には鉱物油や石油系の界面活性剤をベースに、ほんの少しだけ天然成分を配合することで、自然派化粧品を標榜しているブランドもあります。 アザレは、まだ「自然派化粧品」という言葉が浸透する以前から、自然のちからと肌への安全性について着目し、徹底したこだわりをもって、より良い製品づくりに取り組んできました。アザレは、真の自然派化粧品のパイオニアとして、永年にわたって支持され続けている、信頼のブランドです。
UVカット化粧品によく見られる、SPFやPAとは何ですか?
SPF(Sun Protection Factor=紫外線防御指数)は、紫外線のうちUV-B(中波長紫外線)に対する防止効果を表す数値です。UV-Bのほとんどは、大気層によって吸収されますが、一部は地表にまで届いて表皮に強く作用し、シミ、そばかす、赤み、炎症、乾燥などの原因となります。SPF値は、「肌に塗った場合、UV-Bによる日焼けをどの程度遅らせることができるか」を表していて、SPF15の商品であれば、日焼けを15倍に遅らせることができるという意味です。PAとは、(Protection Grade Of UV-A)の略で、UV-A(長波長紫外線)の防止効果の程度を表します。UV-Aは、肌内部の深い部分まで到達し、シミ、ソバカスだけでなくシワやたるみなどといった老化の原因にもなります。また、雲や霧、ガラスまでも透過して届くため、屋内にいても、知らず知らずのうちにUV-Aを浴びているのです。PA表示も、SPF表示と同じく、「肌に塗った場合、UV-Aによる日焼けをどの程度遅らせることができるか」を表していて、下記のように3段階の表示がされます。

●PA+:効果がある
●PA++:かなり効果がある
●PA+++:非常に効果がある

日常生活で紫外線からお肌を守るためには、SPF10程度、PA+程度が目安です。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどう違うのですか?
日焼け止め製品には、紫外線防止剤として、紫外線散乱剤や紫外線吸収剤が配合されています。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、人体に影響のない赤外線や可視光線などのエネルギーに変換して、紫外線が皮膚の細胞に到達するのを防ぎます。 紫外線散乱剤は、塗布することによって紫外線を反射、散乱させて紫外線からお肌を守ります。紫外線吸収剤はお肌に負担をかけてしまうことがあるので、アザレでは使用していません。アザレプロダクツの製品では、お肌にやさしいといわれている天然鉱石由来の酸化チタンを紫外線散乱剤として配合しています。
医薬部外品と化粧品の違いはなんですか?
医薬部外品と化粧品の違いについては、医薬品・医療機器とともに、薬事法で定義されています。薬事法は、人体に使用する製品についての安全性や有効性を確保するために制定された法律です。

<医薬部外品(薬用化粧品)>
医薬品と違って治療するためのものではありませんが、それぞれ目的に合った有効成分が配合されていて、例えば、肌あれやニキビを防いだり、メラニンの生成を抑制するなどといった、おだやかな効能、効果を期待することができます。

<化粧品>
薬事法では、「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗布、散布、その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされているもので、人体に対する作用が緩和なもの」と定義されています。

購入についての質問

アザレプロダクツの製品はどこで買えますか?
アザレは、正しい美の知識と品質へのこだわりを理解していただき、お客様一人ひとりのお肌の状態を把握した上で、適切なアドバイスをさせていただくために、店頭販売や通信販売ではなく、アドバイザー制度による直接対面販売でのみ、商品をお届けしております。正しくお使いいただくためにも、また、きめこまやかなフォローをさせていただく上でも、アドバイザー制度が最適だと考えています。詳細については、「ご購入までの流れ」にて詳しくご説明させていただいております。
なぜ一般の店舗や通信販売では買えないのですか。
いくら良い化粧品でも、誤った使い方をすれば、よい結果を得られません。アザレプロダクツでは、お客さま一人ひとりに合った使い方までをアドバイスさせていただきたいと考え、アドバイザー制度を採用しております。詳細については、「ご購入までの流れ」ページにて詳しくご説明させていただいております。
引っ越し先でアザレ化粧品を購入するには、どうすればいいですか。
引っ越しなどで、どこから購入してよいか分からない場合は、それまでお付き合いのあったアドバイザーにご相談ください。ご購入先がわからない場合は、お客さま窓口にお問い合わせください。
以前使っていて、数年ぶりに使いたいのですが、どこに連絡すればいいですか。
お客さま窓口にお問い合わせください。
購入後の返品・交換はできますか?
商品の返品・交換は、ご購入後8日以内に、お買い求めいただいた担当のアドバイザーまでお申し出ください。ただし、返品・交換は未開封、未使用の場合に限らせていただいております。
<クーリング・オフ制度>
クーリング・オフとは「消費者に与えられた契約を解除する権利」のことであり、商品、サービスの購入についてよく考え直す期間を消費者に与え、この一定の期間内であれば消費者が事業者との間で締結した契約を一方的に解除できるという制度です。

<クーリング・オフができない場合>
①3,000円未満の商品を現金で購入した場合。
②化粧品などの消耗品を使用、消費した場合。